スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大動脈痛その1

2015年08月07日 18:58

暑い日が続く。関東では熱中症で死亡した高齢者が出た。
小学生が体育館で集団で熱中症に。
涼しい北国もさすがに暑くなった。

フライトスタッフには厳しい季節だ。
機長も整備長も青いつなぎ服。
フライトドクターも、フライトナースも同じく、
紺色のつなぎ服。
難燃性素材で作られたつなぎ服が厚く、
そのため暑い。

ドクターヘリ要請は○○消防からだった。
米軍基地ゲート内で男性が倒れていた。
○○救急1救急車は、米軍基地ゲート前に急行した。
車を降りて、徒歩でゲートを通過した。
ゲートから傷病者が倒れていた場所までは、
近くはない。
傷病者は車運転中に急に背中が痛くなり、
車を降りて車外に倒れてらしい。
日本人男性。
年齢70歳代。

隊長は男性に接触した。
冷やせびっしょり、
暑いための汗とは違う。
体が冷たかった。
気温30度なのに、
体が冷たい。
隊長は触った瞬間に、
緊急度が高いと確信した。
男性は、苦痛にゆがむ表情。
そして左手で右肩を押さえる。
左手で、背中を押さえる。
目は開いたり、閉じたり。
右横になって唸るだけだった。
男性が押さえる部位と、苦痛の表情から
背部痛と隊長は判断した。
呼吸は早く30回。
橈骨動脈は弱く触れた。
回数は44回。
遅い。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2140-92f14584
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。