昨年度出動866件、過去最多

2015年08月06日 18:44

青森県ドクターヘリ2機体制で他県と連携
( 2015年6月25日(木)毎日新聞社が主な出典です)

青森県ドクターヘリ:昨年度出動866件、過去最多 
2機体制で他県と連携 

 2014年度の青森県ドクターヘリの出動件数が前年度より149件多い866件となり、
09年3月の運航開始以来、過去最多となったことが、青森県のまとめで分かった。
2機体制での通年運航が2年目を迎え、1機では対応できなかった事案も
同1・7倍の128件に伸びた。
県は「運航を重ねることで消防で出動要請する判断がしやすくなっている」としている。

 県医療薬務課によると、出動要請は延べ1017件(前年度比133件増)で、
初めて1000件を突破。
地域別では上十三地方からの要請が最も多い356件(133件増)と大幅に増えた。
出動の内訳は、

八戸市民病院のヘリが489件、
県立中央病院のヘリが377件。

 1機では対応できなかった事案128件のうち、
同じ時間帯に1機が出動中だったのが120件、
最初の要請が天候不良などで出動できなかったのが8件。
天候不良や重複要請などで2機とも不出動だったのは101件
で、降雪などで冬場の出動が減ったことが影響したとみられる。

 一方、北東北3県の広域連携による出動は20件(同13件増)で、
このうち青森県ヘリの出動が最多の12件(同7件増)。

 東北地方で最多出動が八戸ドクターヘリでした。

機長,整備長、CS、消防のみなさん
お疲れ様でした。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2138-538cc39a
    この記事へのトラックバック