スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識判定

2015年08月05日 18:52

質問を頂きました。
> いつもブログを拝見させていただいております。
> とても熱い思いがひしひしと伝わってきます。
> 1つお聞きしたいことがあるのですが、
意識確認の際にJCSとGCSをどのようにして使い分けているのか教えて下さい。

お答えします。

数秒で意識判定する時は、
開眼のみで判定する、JCS一桁、二桁、三桁を使います。
自発開眼していれば一桁、
刺激で開眼は二桁、
開眼しなければ三桁。

詳し意識を判定する余裕がある時や、
意識が悪化、あるいは改善したこと比べて知りたいときは
グラスゴーコーマスケールGCSを使います。

また、次のような使いわけもします。
軽症を区別したいときはJCS.
重症を区別したいときはGCSと言う使い方もします。

また、会話で使う時は相手により使い分けします。
医師会開業の先輩医師と話す時はJCS。
若い医師と話す時はGCS。

普通の看護師と話す時はJCS。
救急看護師の時はGCS

などです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2136-0dbd9fe8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。