スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATMでAED その1

2015年08月01日 18:07

50歳代女性、
銀行ATM前で突然倒れた。
家族と少し前まで会話をして元気なはずだった。
音に気付いたのは銀行員。
女性は後ろ方向にバタンと倒れたのだった。
銀行員は駆けつけた。
銀行員が見たのは、倒れた後。
口から泡を吹いていた。
反応がない・
呼吸がない。
動かない。
呼吸がない。
「AEDを持って来てください」
心肺蘇生が開始された。

11時9分119通報が八戸消防に入る。
「女性客が銀行ATM前で心肺停止しました。
今、心肺蘇生を始めています。
AED付けています」

八戸消防司令課は救急指令のスイッチを押す。
音声が消防署の全館放送で流れる
「救急指令救急指令、
場所○○、
出動車両は八戸救急○、
八戸ポンプ○、
八戸ドクターカー1」

八戸消防は、救急車を出動させた。
ポンプ車を出動させた。

11時12分八戸ドクターカー1を出動させるために、
ダイレクトブルーに電話した。

完全に八戸消防長の指揮命令系統に組み込まれているドクターカー。
医師と消防とは鉄の結束。

ドクターカーは3分後に八戸ERを出発した。
後部席には、左に藤田医師。
右に東医師。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2133-bde56a47
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。