2人の脳梗塞治療 スピードが命 その10

2015年07月26日 18:24

村田医師は4年目。
東京生まれ、徳島大学卒業。
過去、全国研修医実力テストで国内一桁の実力。
NHKドクターGにも出た。
「よしrt-PA投与開始!」 貫和亮太医師。
ERに戻り、rt-PAが投与されたのは病院に着陸したわずか25分後。
発症から約1時間30分。かなり早い。
へき地発症の脳梗塞に、
血栓溶解療法ができるだけでもすごいのに、
発症1時間半で実行している。
すごい。

患者の症状は変わらない。
開眼しているが、発語なくしきりに左の手を動かして
ベッドの柵をつかんでいる。
右の手足は全く動かない。
願うのは、薬剤が効いて、
麻痺がよくなること。
だが、今のところ、効果はない。
貫和医師が次の治療の段取りを進める。

「血管室の準備はまだかかる?」
「オンコールの看護師がまだ来てないです。あと少し」
「MRIを先にとってしまう?MRIの準備は?」
「MRIはすぐ行けるそうです」
「じゃ、MRIに行って拡散強調とMRAだけ撮影しよう。
終わったら、そのまま血管室へ行こう!
梅谷先生は一緒にMRI室へ入ってね」
梅谷医師は3年目。
大阪生まれ。徳島大学卒業。
梅谷、村田医師の徳島大学コンビのせいで、
毎年、徳島大学から学生が八戸を見学に来る。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2124-a7893864
    この記事へのトラックバック