携帯電話位置情報 その3

2015年07月11日 18:18

14時50分119通報
救急車出動
14時55分ドクターヘリ出動要請
司令員は119通報内容から
手の切断と判断しドクターヘリ出動のホットラインを鳴らした。
天候腫れ。
15時4分ドクターヘリ離陸
私と高谷ナースを乗せてEC135は西に向かった。
15時5分救急車現場到着
上空450mを飛ぶEc135に八戸消防から無線が入った。
救急隊が現場到着したと。
その1分後、
無線が入った。
現場到着した西救急11からだった。
畠の道を走って患者の元に急いだせいか、
息が切れていた。
「右手指付け根で5本切断に近い、
圧迫で止血状態。
周囲に飛んでいる血液から
出血量はおよそ200ml。

15時9分ドクターヘリ倉石中学校着陸
赤車に乗り換えて現場に向かう。
陸上を走る赤車には救急車と無線は通じなかった。
赤車は山道を登る。
周囲は深い森林となり、
所々に開墾した畑が見える。
すれ違う車はない。
赤車は、一度停車場した。
別れ道。
白車の位置がわからない。
赤車の助手席に座る消防隊員は、黒い電話機を握った。
消防無線は黒い電話機だ。
八戸消防本部の司令課では、
救急車の位置情報をGPSでとらえている。
赤車の位置情報も同じくとらえている。
「その道をまっすぐ進め、道なりに左カーブ、
あと、ドッキングまで3分くらい」
司令課からのアドバイスで
赤車は再び走り出す。
(続く)
 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2112-64519912
    この記事へのトラックバック