スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県北へ その6

2015年06月26日 18:40

○浜中学校の上空につくと、ポンプ車が散水を行っていた。
散水の間、ドクターヘリは上空を3回旋回して
着陸のタイミングを待つ。
車と違ってヘリコプターの旋回は
1回の直径が大きい。
200mはありそうだ。

ポンプ車から降り注ぐ水は、
太陽の光と重なる瞬間に
高度300mから見下ろすと、
七色の虹が見える。
不思議な光景だ。
地上から空を見上げて見える雨上がりの虹。
それと似たものが
空から見下ろして見えた。
空から見えた小さな七色の虹がだが
ヘリコプターが移動することで、
すぐに見えなくなる。
すぐ消え、また見える地上の虹。
平安時代の紫式部なら和歌を作りそうだ。

白い救急車が、中学校の敷地内に入ってくるのが見えた。
タイムロスはない。
「散水OKです」
「ドクターヘリ、着陸します」

ドクターヘリは大きな砂埃を巻き上げて
中学校のグラウンドに着陸した。
「けっこう砂埃が立ちますね」
「これくらは仕方ないです。」
どんなに散水しても水が届く範囲が限られる。
ヘリの真下の湿った地面ではなく、
やや離れた外側の地面からヘリを包み込むように
ダウンウォッシュで砂埃が舞う
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2099-609c4b1f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。