救急救命士が糖液注射 最終

2015年06月08日 18:29

注射器先端の蓋をねじって外す。
アルコール綿で、点滴ルートにある、
三方活栓を消毒する。
50%ブドウ糖液注射を開始した。
ゆっくり注射する。
20mlを2分かけた。
続いて、2本目のブドウ糖液を注射した。
合計40mlを約5分で注射した。
男性は開眼し、話始めた。
その1分後、
ドクターカーと、国道上でドッキングした。
村田医師は救急車に乗り込んだ。
ストレッチャー上には、握手できる患者が寝ていた。
「ブドウ糖注射で意識戻りました」藤田救急救命士が報告する。
村田医師は2分で診察した。
そして
「これなら、かかりつけ収容で大丈夫そうです」
救急車は発進した。
15分後、村田医師は血糖再検査の指示をだした。
藤田救急救命士は血糖測定器で検査した。
「97mg/dlで正常です」
その1分後、救急車はかかりつけの日赤病院に到着した。

救急救命士が糖液注射 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2082-19a9598d
    この記事へのトラックバック