ドクターヘリ6回出動 最終

2015年06月04日 18:19

13時59分治療開始
オレンジ色のバックボードに男性を固定し、
みんなで持ち上げ、救急車まで斜面を歩いた。
重い。
14時16分離陸
14時29分八戸ERに収容された。
ERで多発肋骨骨折、腰椎粉砕骨折、
脊髄損傷の治療が始められた。


青森県には2機ドクターヘリがある。
14時11分津軽地域で交通事故発生した。
救急隊が現場到着し隊長が観察した。
バイク事故、バイクと傷病者は10m離れていた。
バイクから離れた場合は、大けが隠れていることが多い。
青森市のドクターヘリは出動中だった。
代わって、八戸ドクターヘリが津軽地域へ出動した。
14時51分追加給油して離陸した。
15時19分中泊運動公園に着陸した。
救急車が傷病者を乗せて先着していた。
近藤医師は丁寧に診察した。
前腕の骨折はひどかったが、シーネ固定で済ませた。
15時35分
収容は二次病院で大丈夫だ。
ここから、ヘリポートのない二次病院へ行くには、
救急車に医師同乗で陸路搬送か、
ドクターヘリで空路移動し、河川敷に着陸。
そこから救急車に乗せ換え、
再び陸路搬送。
いづれか。
消防の事情を鑑み、
つがる総合病院へは
医師、ナース同乗で救急車搬送を選択した。

津軽地方は八戸とは違いもう田植えがほぼ完成していた。
救急車内から、秋には黄金色になるだろう小さい緑の苗を眺めながら、
透明度の高い小川をまたぐいくつかの橋を渡り
新築のつがる総合病院に救急車は到着した。
患者を引き継ぎ、
同じ救急車でランデブーポイントまで送ってもらった。
これには、感謝だ。

16時23分中泊運動公園を離陸した。
16時50分八戸ドクターヘリは八戸にもどってきた。
17時ちょうど、本日のスタンバイを終了した。

紺色のフライトスーツには、汗が染みこんで重くなっていた。
6回目の出動を終えて、スタッフミーティングは盛り上がった。

ドクターヘリ6回出動 完



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2079-8177ce1e
    この記事へのトラックバック