スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校でAED その1

2015年05月11日 18:41

2005年青森県内の学校で始めて
八戸市立青潮小学校と根城中学校など6学校にAEDが設置された。
その後普及が進み、
2013年度には、
青森県の公立学校の99.5%にAEDが設置されている。
全国平均が96%。
新聞で報道された。
AED学校20150505(500x347)
[下田由理恵記者]

・・・・・・・
平日の高校の校庭は、
おそろいのジャージの高校生が体育をしている。
ドクターヘリでよく校庭に降りるが、
ジャージの高校生はおとなしく、
ドクターヘリの着陸を見守ってくれる。

男性はトラックの荷台で荷物の上げ下ろしの作業中だった。
高校に荷物を配達してきた。
そこは、千葉学園高校の校庭。
男性は荷台で倒れた。
朝の通学時間が終わり人気がなくなるころ、
倒れる瞬間を偶然目撃した高校生がいた。
高校生はすぐに保健室に走る。
それは、AEDを持て来るため。

保健室の養護教諭にそのことが伝わるまで、
俊足の高校生の足なら1分だろうか。

8時59分養護教諭は119通報を依頼して、
自ら校庭に走った。

荷台に横たわっていた男性に、
同僚がCPRをおこなっているのが遠くから見えた。
「これは本番だぞ!」

高校生と養護教諭は荷台にあがった。
同僚は急に勇気が出た。
CPRを続けた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2055-2837a6a0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。