スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪で窒息心肺停止 最終

2015年03月09日 18:27

気管切開手術時は肩の下に枕を入れて首を伸ばす体位をとる。
輪状甲状靭帯切開はその必要がない。
オートパルス作動状態では肩の下に枕を入れることができない。
輪状甲状靭帯切開は1,2分で手術ができるが、
気管切開では3分以上は必要。
名人なら別だが?

木村医師は手袋をはめて男性の右側に立った。
左親指と中指で喉仏を触る。
そのすぐ下側が目指す輪状甲状靭帯だ。
15秒後、メスが喉に走った。
僅かな出血は気にしない。
切開孔は皮膚から気管に達した。
先が曲がったペアン鉗子を切開孔に入れて拡大する。
口から入れるチューブより少し細い6mmチューブを進める。
チューブの中には心棒を入れて腰を強くしておく。
深く入れすぎないようにして、チューブについている風船に空気をいれる。
バッグバルブマスクからマスクを外して、チューブにつなぐ。
バッグを押すと、100%酸素が男性の肺に入った。
ER入室2分だった。

さらに2分後、心臓が動き出す。

2002年
第1回JATECでわたしは受講生に
輪状甲状靭帯切開を教えた。
受講生は救急専門医か外科医だった。
ベテランの。

受講生のほとんどは輪状甲状靭帯切開を未経験だった。
あれから15年。
国内の主要救急施設では、
輪状甲状靭帯切開が普通に行われるようなった。
気道緊急で命を失うことが少なくなった。
もちろん八戸でも。

心拍再開した男性は、救命救急センターに入院する。
低体温治療を導入された。
だが、脳機能は大丈夫なのか。
家族は不安がる。
死に淵から引き寄せることができるようになった。

我々はそれを劇的救命と言う。

風邪で窒息心肺停止 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1997-dd8c7312
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。