雪かき中卒倒と学生見学 その2

2015年02月05日 18:48

ドクターヘリ要請が入った。
吉岡隆文医師と濱舘医師が走って、ドアから出て行った。
エンジンがスタートし、メインローターが回る。
2名の医師は腰をかがめてドクターヘリに乗り込んだ。

4分後、ドクターヘリのエンジン音が低くなった。
要請先でキャンセルしたらしい。
119通報内容でドクターヘリ要請を掛ける指令課。
隊長判断で、救急隊のみで活動可能と判断し、
ドクターヘリをキャンセルしたのだった。

4人目の入院患者のプレゼンを終えた頃、
再びドクターヘリ出動コードブルーPHSが鳴った。
吉岡隆文医師、濱舘医師は先ほどと同じように走ってドアから出て行った。

メインローターの回転音が高くなる。
離陸した。
機首を東へ向け浮き上がる。
病院屋上の高さを越えて、ドクターヘリは左旋回した。
ここで、八戸消防からキャンセルの連絡が来た。
EC135は高度を下げながら病院へ戻った。

カンファランス修了後に、回診を始めた。
その時、ドクターカー要請。
山内医師が走って消えていった。

10時54分。ドクターヘリ要請。
階上町で雪かきをしていた男性が倒れた。
10時59分離陸
11時5分漁港に着陸した。
救急隊単独で着陸支援をしてくれた。
吉岡隆文医師と濱舘医師の診療が始まった。
左の麻痺がある。顔も曲がっていた。言葉が出ない。
意識は開眼している。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1949-84f40f1f
    この記事へのトラックバック