スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪かき中卒倒と学生見学 その1

2015年02月04日 18:46

掲載文章は、患者特定を避けるために、
掲載日を大幅にずらしています。
数年経て掲載する場合もあります。
・・・・・・・・・・・
大雪が北日本を襲った。
関東にも。
八戸市は、例年なら降雪量は少し。
スコップで雪かきし、
箒で掃けば、
あとは、アスファルトが出る。
日中の太陽の光で、雪は直ぐに溶ける。
しかし、今冬は違う。
市内を雪が埋め尽くした。
路線バスは運休するルートも出た。
バス路線の全面復旧まで、約1週間かかった。
何時もなら、病院から新幹線八戸駅まで、
車で30分以内だが、
雪のため、車線が減ったり、
生活道路が通行止めなので、
大きな道路に車が集中している。
八戸駅まで2時間近くかかる。

ドクターカーも、いつもならラピアデパートまで
5分で到着するはずが、
すれ違いできない道路などで、
到着まで20分以上かかる。

ドクターヘリはこんな時も、悠々と飛べる。
・ ・・・
朝の救命カンファランスに、
学生の見学生も混じっる。
年間120名が見学に来るので、
学生のいる光景は日常的だ。
今日は、奈良県立医大の5年高橋君。
救急志望という。

昨日入院患者の6名、心肺停止状態で運ばれた患者1名がプレゼンされた。
現在の救急入院患者は、120名。
救命病棟に、94名、救命ICU(CCM)に26名が入院している。
高橋君を交えてのカンファランスだった。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1948-dd46857f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。