朝から大変 その4

2014年12月03日 18:48

救命救急カンファランスはいつも通りに8時半から始まった。
昨日新入院の7名の患者のプレゼンだ。
大阪大学出身の山内医師がプレゼンする。
所々に、関西弁りが入る。
「草刈り中にスズメバチに刺された男性。ドクターカー出動した。
ショック、呼吸困難。アドレナリ0.3mg筋肉注射しました。
入院後の経過は良です。」
その時
救命救急カンファランス室外のヘリポートが騒がしくなった。
野田頭副所長は傍にいる。
八戸ヘリではない。
青森市のドクターヘリが未熟児を運んで来たのだった。
極小未熟児を青森県立中央病院NICUで治療。
八戸NICUで管理できるくらいに成長したところで、
ドクターヘリを使い、八戸に転院させる。
そんな、ことが今はできるようになった。
未熟児はヘリポートから直接八戸NICUへ移動した。

10時13分119番通報。
「突然倒れた、意識がない」
三沢消防は救急車を出動させた。
救急隊接触時JCS300.
昏睡状態。
10時27分隊長はドクターヘリを要請した。
10時32分離陸。
わずか8分でドクターヘリは三沢市に着陸した。
今日2回目の三沢市だ。
10時40分野田頭副所長と昆祐理医師は患者を診察する。
10時49分離陸
10時57分八戸市立市民病院着陸

ほぼ同じころ、

南部町でスズメバチに刺された男性。
過去2回さされたことがある。
友人が119番通報した。
八戸消防は救急車を1台出動させる。
同時にドクターカー要請だ。
ドクターヘリが出動中は、
ドクターカーがかわりに出る。
スピードは違うけれど、
できるだけのことをする。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1902-24df1089
    この記事へのトラックバック