スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中越地震から10年 その15「尿路感染症」

2014年11月15日 18:13

めまいの老人は、以前からあるのがひどくなったという。
よーく話を聞いてあげた。
明日松戸市の息子さんが迎えに来るという。

住民は当番を決めて、自分の地区の夜間見回りをしている。
これも体調を壊す原因になっている。
やむをえない事なのか。
全村避難の隣の山古志村へは,盗賊が入ったという。

子供たちは元気に遊んでいる。
発熱のエリちゃん、ユキちゃん、友達のリコちゃん。
彼女らのお友達が天国へ一人昇った。
心のケアチームは、亡くなった人の家族のケア、両親のケアを行っている。
中越地震10

避難所では不眠症が増える。
お年寄りになると多くは普段から睡眠が浅い。
私の母親も不眠を時々訴える。
ましてやこの集団環境では眠れない。
心のケアチームは、丁寧にお話を聞いて、一人一人を大切に治療しようとしている。

人間とは違い小学校のウサギは被災者が与えた草を元気よく食べていた。

胃十二指腸潰瘍も悪化する。
ガスターとデパスを処方した。幸い血便はない。

ハリヤー大活躍。
中越地震41
中越地震42
中越地震40

(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1883-6373c8d7
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。