ERアップデートのご紹介

2014年10月27日 18:33

「臨床研修プログラム研究会」では、
夏・冬の年2回「明日から使える!」を合言葉として、
“日常の研修では学ぶことのできない”知識と技術が
ぎっしりつまった
「臨床研修医向け救命救急・総合診療系セミナー」
『ERアップデート』を開催しております。
ERupdate2

ERupdate1

魅力あふれる講師の先生方による講義やワークショップの数々にふれ、
さらに日頃はなかなか接する機会の少ない
他の研修施設の先生方と共に語り、
互いに磨き合える場としてぜひ、ご参加下さい。

ERupdate4

ERupdate3



内容は主に臨床研修医向けですが、
講師陣の教育スキルを参考にしたい指導医の先生方もご参加頂けます。

http://erupdate.jp/

日程/ 2015年2月14(土)〜 15日(日)
会場/ サンルートプラザ東京
千葉県浦安市舞浜1-6
対象/ 臨床研修医(後期も含む)
定員/ 110名
費用/ 59,800円(税込)
※宿泊費・交通費は含まれておりません
主催/ 臨床研修プログラム研究会
株式会社エスミ

内容
おーっと!おうと患者におーとーせよ! ~ pitfalls in vomiting emergencies
林 寛之
それでもクスリとブツは疑いたい !? 箕輪良行
発熱 = 感染症、ではない!こんな疾患に注意! 徳田安春
1. Pちゃん上等!陰性感情を吹き飛ばせ! ~ pitfalls in PSY emergencies ~ 林 寛之
帰ってきたアドバンスド・フィジカル診断 ~ 柔よく剛を制す ~ 徳田安春
しびれをこう解剖する 山中克郎
多発外傷診療の手つき目つき 今 明秀
切り傷ではイロイロと 箕輪良行
中国3000年の歴史、明日から使える和漢診療 ~ 風邪診療編 ~ 小淵岳恒
君はこんな病気を見逃していないか 山中克郎
ERトラブル事例の教訓 寺澤秀一
緊急輸血いつ、どれくらい 今 明秀
医師人生の岐路における決断 寺澤秀一
Visual Diagnosis in ER, Part 13 小淵岳恒


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1865-f11d3b88
    この記事へのトラックバック