スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児溺水 最終

2014年10月01日 18:32

15:22
ランデブーポイント到着
残念ながらまだ心臓も呼吸も戻らない
患児をCPRしながらドクターヘリに乗せる。

15:29
ドクターヘリ離陸
地上から救急隊、消防隊の念ずる力を感じた。

15:36病院到着
15:56自己心拍再開した。

低体温治療を始めた。

だが、意識は戻らない。

それから長い期間治療が継続された。
・・・・・・
わが国では小児の浴槽での溺水が多い。
これは常識。
小児の心肺蘇生でもっと大事なことは、
心肺停止の予防である。
未就学児がいる家庭では、浴槽に残し湯をしない。
風呂の扉の高い位置に鍵を付ける。
     
起きてから救命は難しい、
風呂の残り湯で溺水が起きないようにすることが大事。

小児溺水 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1838-feca9ac6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。