鹿児島市の米盛病院

2014年09月21日 22:15

鹿児島市の米盛病院は、
鹿児島県内で初めて患者搬送用のヘリコプターを導入している。
鹿児島県のドクターヘリが出動中で対応できない場合などに
米盛病院のヘリが出動できるようにする協定を9月11日鹿児島県と結んだ。

IMG_3258 (267x400)
右上のかっこいい医師、冨岡医師。
日本医大高度救命救急センターから米盛病院へ出向している。
わが国の救急医学の重鎮。

この協定は、米盛病院が導入した患者搬送用のヘリコプターが
県のドクターヘリを補完することで、県内の救急医療体制の充実を図ることが狙い。

米盛病院のヘリコプターはイタリア製のAW109双発機。
IMG_3253 (400x225)

鹿児島県のドクターヘリが出動中で対応が出来ないときや、
同じ現場で多数の負傷者が発生した場合などに出動する。
米盛公治理事長は
「長年思い描いてきた鹿児島県とできる理想の救急医療の体制、
それを県の方に一番よく理解とご支援をいただいてなによりもうれしい」
と話した。
IMG_3257 (400x225)
最前列右が冨岡医師、赤の上着と赤のヘリコプターがマッチ
ラピッドドクターカーも写っている。
ドクターバイクも写っている。

すごいことが鹿児島で始まる。

赤のフェラーリ色のヘリコプター
カッコがいい
患者の救命に役だつ。

いいねー

冨岡医師に期待!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1830-953a9193
    この記事へのトラックバック