宮古市から八戸に(後編)

2014年06月27日 18:15

格納庫には、八戸へり112Dが正面を向いて、
いつでも出動できるようにスタンバイしている。
その、前の黄色の十字にヘリポートに岩手県ヘリがアプローチする。
高度が下がる。
アプローチを終えて、
次に設置点に移動する。

八戸の整備長が誘導した。
春に工事が終わったばかりの、となりのアスファルト地に岩手県ヘリが着陸した。

メインローターの停止を確認後に、
クラムシェルドアが開く。
患者が降ろされ、
ストレッチャーで八戸ERに向かう。

やはり、大動脈瘤切迫破裂だった。
手術が心臓外科により開始された。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1748-689da066
    この記事へのトラックバック