スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の外傷気道閉塞 最終

2014年05月17日 18:23

「出動します。
ランデブーポイントは六戸運動場です」
CSは中部上北消防からの電話口に話した。」

CSは次に、十和田市消防に電話する。
「中部上北消防からのドクターヘリ出動依頼のこと、
ランデブーポイントは、中部上北消防管内ではなく、
十和田市消防管内の六戸運動公園。
協力してもらいたい。」
「良いですよ、着陸支援します。
六戸運動公園駐車場はドクターヘリ着陸に備えて、
常時除雪済みです」十和田市消防
心強い返事だ。

9時31分軽米医師、丸橋医師の新潟大コンビが乗ったEC135は
離陸した。
9時41分六戸運動公園駐車場に着陸した。
六戸消防が支援してくれた。
8分後に、中部上北消防の救急車が駐車場に入って来た。
タイヤには、スタッドレスタイヤに加えて、
チェーンが巻いてある。
普通自動車は凍結路でも、スタッドレスタイヤ単独で走るが、
救急車は凍結路をそれより早いスピードで走るので、
チェーンを巻く。
これは、ドクターカーも同じ。
二人の医師と、加藤フライトナースは救急車の中に入った。

しっかりと、気管ソウカンが固定された男性は、
まだ意識が悪かった。

9時5分離陸。
10時6分八戸市立市民病院着陸。

男性は八戸ERに入った。
・ ・・・
翌日、男性は、意識が戻り、
口の中の出血も止まった。
前医の、適切な処置がよかった。
現場救急隊の判断もよかった。

冬の外傷気道閉塞 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1690-b53c3175
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。