冬の外傷気道閉塞 その1

2014年05月14日 18:19

冬の話です。
(患者さんの個人特定をさけるために
記事掲載を大幅にずらしています。
季節感がなく申し訳ありません。
これでも苦情が数件きています)

氷点下の日が続く。日中も寒暖計の動きが鈍い。
ゼロより上に上がらない。
八戸市内は晴天。
雪は多くはないが、田んぼは真っ白。
ヘリポートの除雪は毎朝の仕事。
整備長と機長が行っている。
春より、ヘリポートに融雪装置が工事が始まる。
すでに、数人ヘリポートの凍結で転倒した医師がいた。
記憶に残るのは南国生まれの安部医師だ。
氷の上を歩いたことがなかったようだ。
今は、宮崎ドクターヘリに乗っている。
もう、ヘリポートで転倒する心配は彼にはない。

かなり冷え込んだ朝のことだった。
○○町で交通事故。
午前6時半。
10tトラックに歩行者が轢かれた。
犬の散歩中の男性だ。
冬の日のでは遅い。
まだ、薄暗い朝の出来事だった。

トラックは凍結路でブレーキをかけながら横滑りした。
そして、男性を轢いてしまった。

119通報が中部上北消防に入った。
日中なら、通報内容でドクターヘリ出動だ。
しかし、ドクターヘリ運行時間まで2時間ある。
ドクターカー運行時間までも1時間半。

顔面出血、頭部外傷、がある。
循環はいい。
救急隊は酸素投与、脊柱固定で現場を出発した。
(続く)

お知らせ
5月16日に放送を予定しておりました「ドクターG 小野寺研修医出演」ですが、
急遽、Nスペシャル(政治問題)が放送されることが決まり、
ドクターGは一週間後の23日(金)夜10時~放送されることになりました。
再放送は6月6日(金)16:05~を予定しております。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1687-989de921
    この記事へのトラックバック