ドクターカー・ドクタージェット その4

2014年03月25日 18:04

和田医師は、バイタルサインがいい患者に対して。
輸液を急速にはじめた。

ERに着いた後で,後悔しないように。
病院前の輸液を制限すべきと唱える医師もいる。
出血量を把握しながら、最低限の輸液で手術室までつなぐ。
確かに、良いような。
だけど、前述したように、
過小評価が怖い。
それで、死ぬ。

17時5分ER入室
バイタルサインはOK
胸部レントゲン、
骨盤レントゲンを撮る。
骨盤骨折あり。
超音波検査はよし。
骨盤骨折には、尿道損傷が合併することがある。
尿道損傷は
尿道出血あり。
陰嚢血腫あり。
おきな骨盤骨折。
この3つで尿道損傷を疑う。
さらに、
肛門から指を入れて診察。
直腸指診という。
前立腺を触ったり、
直腸肛門の診察をしたり、
脊髄損傷の麻痺の程度を診察したり。
前立腺が膀胱と陰茎の間にあるははず。
尿道が前立腺の下で切れると、
前立腺は固定を失い、
頭側に位置がずれる。
直腸指診で前立腺が触れないとき、
尿道損傷を疑う。
〔続く〕


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1656-f3c3501b
    この記事へのトラックバック