スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下痢から心肺停止 前編

2014年03月15日 18:38

冬になると、ノロウィルスが流行する。
震災のときもそうだった。
健康人なら、
腹痛と下痢が3日ほど続き
それからよくなる。
だが、高齢者はその限りでない。
老女は1ヶ月前から食欲が落ちてきた。

自宅で看病を受けていた。
5日前から下痢、
かかりつけ受診し、点滴を受けた。
家人は全力をつくす。
だが下痢がひどい。

受診当日自宅で意識消失した。
白目をむく。
かかりつけに電話をすると、
「真っ直ぐ、八戸ERへ向かえ」と
自家用車で八戸ERを受診した。
本当は救急車がよかったのに。

病院玄関に車が横付けされた。
その時点で、動かない。
家族は、ERに走った。
「動かなくなった。車にいる」
事務員が対応する。
5秒後に、事務員がERへ入って告げた。
「玄関で・・」
異常事態を受け、
ナースと、吉村医師はバックボードを持って玄関の車に向かう。
ERから正面玄関まで20m。
[続く]


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1648-0e8e56d4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。