スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタンの掛け違い。ドクターカーorドクターヘリ? その5

2014年03月07日 18:35

ソケイ部から大動脈遮断段バルーンカテーテルを入れる。
下半身の血流を止める。
血圧は上がりだした。
輸血をしながら、血圧の安定を待つ。

血圧は上昇した。
大動脈遮断バルーンを半分へこます。
部分的血流を下半身に流す。

後腹膜の出血源を調べるのに
全身CTpan scanCTを撮影した。
ショックになるような大きな出血源はなかった。

唯一の出血源は脾臓損傷。
脾臓損傷にTAEを行う。
開胸創から出血が湧いてきた。
こちらは、手術室で止血。
・・・・・・
その夜、呼吸状態が悪化した。
肺挫傷の悪化だ。
人工呼吸器の設定を変えて対応したが、
うまく行かない。
胸腔ドレーンを入れ替えた。
気管ソウカン+人工呼吸中のトラブルは
ドープDOPE
チューブ位置不良、チューブ閉塞、気胸、人工呼吸器不良。

肺挫傷に対して、
人工肺をつける。
ECMOだ。
ソケイ部の静脈から太いチューブを
心臓近くまで入れて脱血する。
人工肺を通して、酸素を血液に溶かす。
頸の静脈に太いチューブを入れて
心臓の上で
酸素化した血液を戻す。

これで、酸素化は改善した
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1640-9d27920a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。