スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日ERから入院31名! その3

2014年01月23日 18:43

夜になり、当直帯になった。

八戸の日没の最速は、16時7分。
ただし、16時7分は一日だけ。
前後数日は8分になる。
夕暮れは早い。

那覇最速17時37分日没。
沖縄ドクターヘリに比べて
八戸ドクターヘリでは1時間半も早い。
でも釧路ドクターヘリは
釧路市で日没15時49分。
なんと、午後3時台に日没、夜になる。

夕方から、私はドクターカー当番。
まず、出動。
北方面。
心肺停止だった。
途中で、キャンセル。
救急隊の判断で、三次適応ではない。
ドクターカーはサイレンを消して帰院。

次のドクターカー出動は、胸痛。
今度は市内。
胸痛を訴える男性。50歳代。
冷や汗あり。
40歳以上男性、冷や汗+胸痛で
心筋梗塞を疑う。
ドクターカーはアメリカ製LEDフラッシュの
強烈な光を瞬かせて高速で道を走り出す。

八戸消防から無線が入った。
「救急車現場到着した」
ドクターカーはヨコマチストアを左折して国道45号線にはいる。
国道45号線は八戸と岩手県宮古市を結ぶ、
津波被害地区を突き抜ける道。
救急隊長からの連絡はまだない。
八戸消防から無線が入った。
「現場ドッキングではなく、
柏崎東京靴流通センター前でドッキングせよ。」
あと、500mでその場所だった。
それより進むと、中央分離帯、立体交差などで、
簡単にユーターンができない。
オレンジ色の看板が見えた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1598-537624ad
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。