バイスタンダーナイスガイ その2

2014年01月16日 18:27

ナイスガイが「救急車!」の声を聴いて、
胸骨圧迫するまで
約1分。
早い。

わたしは、この事例を担当した時、
「バイスタンダーCPRのナイスガイは、
ずいぶんCPRになれている人だなあ、
職業は消防かな?」
と思ったくらいだ。
それくらい手際が良かった。
でも彼は消防署員ではない。

従業員が持って現れたAEDの操作を誰がしたかは
私は知らない。

電源ボタンが押された。
パッドが貼られた。
心電図解析が始まった。
ここまで、39秒。

電気ショック指示が出た。
1分7秒経過。
充電開始。
ナイスガイがショックボタンを押した。
1分16秒経過。

ナイスガイは、すぐにCPRを始めた。

AEDは2分後自動的に解析を始める。
それまで、CPRを続けた。
マウスツーマウスも。
3分36秒経過

「ショックは不要です。
呼吸と脈拍を見て必要ならCPRを始めてください」
そんなメッセージ。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1590-ee3d4523
    この記事へのトラックバック