スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイスタンダーナイスガイ その1

2014年01月15日 21:27

天気のいい日だった。
○○市のゴルフ場は多くの人でにぎわっていた。

男性はゴルフコンペを終えて、施設内の大浴場でひと風呂。
14時ころだった。
浴室は、ゴルフ客で適度に込み合っていた。
男性はこの浴室で倒れる。

主人公は、倒れた男性ではない。
別なゴルフコンペで偶然浴室に居合わせたナイスガイ。
ナイスガイが主人公。
ナスガイは、八戸に職場がある。
八戸で開催している救命講習会の受講歴あり。
その時刻、ナイスガイは風呂から上がり脱衣所にいた。
「救急車だ!救急車だ!」の大声が浴室から聞こえた。

ナイスガイは、ナイスガイだから、
すぐに浴室へ戻る。
数分前に自分が出たときはそのような気配はなかった。
だが、今は倒れている男性がいる。
浴室は騒然としていた。
ナイスガイはかけよった。
ナイスガイはさらに近寄った。
滑る浴室の床に気を付けて。
男性は天井を向いて倒れていた。
呼吸は乱れていた。
呼吸は弱かった。
ナイスガイはこれヤバいと思った。
男性の顔色は秒単位で悪くなった。
呼吸の間隔が伸びた。
顔色はさらに悪くなる。
ナイスガイは心臓マッサージをはじめなくて、
と思った。
そう思って手を男性の胸に置こうと思った時、
顔色はさらに黒くなっていた。
躊躇せず胸骨圧迫を始めた。
講習会で教わった人形での胸骨圧迫より、
軽くできた。
ナイスガイ自身が身軽[洋服なし]なこと、
男性も裸。
床は硬いタイル。
胸骨圧迫は楽にできた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1589-419656e3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。