スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野辺地救急隊とリレー その2

2013年12月23日 18:13

回診を終えて、わたしは医局に移動する。
副院長の仕事、書類に眼を通す。
次に、臨床研修センターに顔を出す。
昨夜、面談した研修医について、研修センター事務と情報を交換する。
それから、ERに移動した。
2ベッドには喀血患者。
赤い血を口から吐き出していた。

既往に大動脈手術がある。
喀血と、吐血の区別はむずかしい。
今回は、咳と同時に、頻回に血が出ていた。
低酸素状態もある。

ER当番は、吉岡隆文医師と小野寺研修医。
小野寺研修医は、秋田大学卒業。
宇都宮高校出身。
大学では、水泳部。
体もがっちり、頭もしっかり。
やはり、救急研修の充実をめあてに
八戸へやってきた。
てきぱき動く姿は、気持ちいい。

喀血の患者の手術既往は青森市の病院だった。

喀血の量が多い。
気管ソウカンが先か、
それともCT検査が先か。

慎重な判断が必要だ。

会話が出来る状態まで、
酸素吸入で回復した。
(続く)
・・・・・・
追伸
本日TBSで放映された
映画「ジェネラルルージュの凱旋」
の最後に出てきたドクターヘリ
EC135見ましたか。
機体ナンバーは
[JA112D]です。
映画を撮ってから八戸に配属されました。
JA112D




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1568-b85f87fa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。