スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野辺地救急隊とリレー その1

2013年12月22日 18:12

朝の救命カンファランスは、6名の患者がプレゼンされた。
昨夜は臼井医師と私、
研修医は藤田、勝田、村田、湊の
実力4名。
慈恵、杏林、徳島、広島大から救急研修目的に
集まった研修医。
もう2年目になった。
それぞれ救急医学会、航空医療学会、
病院前診療学会でたくさんの学会発表も経験している。

そんな、当直だった。
夜のドクターカー当番は私。
海岸でテトラポットに挟まっている男性。
出動途中で、「死後硬直あり」の
無線が入り、
キャンセル。
ユーターンした。

朝の救命カンファランスには、
実習救急救命士の参加する。
八戸消防山本、
北部上北消防十枝内、救命士がいた。

回診では、
肺炎、敗血症、多発外傷、頭部外傷、
脳卒中、薬物中毒、心肺停止蘇生後、
など、いつもの症例に混じって
前日手術の、横隔膜膿瘍患者、
腹部外傷手術後発症のイレウス患者
もいた。

回診では、今日気管切開予定です。
今日、脳室腹腔シャント手術予定です。
などの情報も入る。

看護師リーダー、師長、認定看護師も参加する。
総勢20名の回診が毎日行われる。
教育施設らしい光景だ。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1567-75a1c3d0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。