スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライトドクター吉村有矢、丸橋孝昭

2013年12月21日 18:59

その日は、きむたく、こうだ、そして私の誕生日だった。
更に記念すべき日。
フライトドクター吉村有矢、丸橋孝昭医師が新しく誕生した日。
その認定式だった。

救急専門医試験合格。
豊富なER経験。
豊富な三次救急経験。
豊富な集中治療経験。
緊急外傷処置取得。
さらに
ドクターカー現場出動150件以上。
ドクターヘリoff the job training(訓練生)50回以上。
災害、多数傷病者対応でリーダーができる。
被ばく訓練リーダー修了。
青森県地名クイズ。
などをクリアー。

次世代のリーダーの二人は、
胸を張って病院長からの認定書を受け取った。
DSCF4070 (500x281)

時速200kmで飛ぶドクターヘリのスピードに負けないくらいの
腕を持ったフライドクターでなければ、
国費を一機当たり、2億円使うことに、国民は納得しないだろう。
国立でも、大学でも、県立でも、大都市でもない、
八戸市立市民病院に、
ドクターヘリ基地病院を置くことに納得しないだろう。

時速200kmで飛ぶドクターヘリのスピードに負けないくらいの
腕を持ったフライドクターでなければ、
困難な現場から劇的救命につなげることはできないだろう。
DSCF4073 (500x281)
八戸劇的救命チームのフライトドクターの認定条件は厳しくしている。
そういう医師をここで育てている。
DSCF4076 (500x281)
二人は、55歳になったばかりの男に祝福されて認定書を手に入れた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1566-b98d5127
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。