県境を越えてペイ・フォワード 最終

2013年12月07日 18:06

ドクターヘリが困っている傷病者の元に
出動することも、ペイ・フォワードだ。
フライトスタッフが実行しているだけではなく、
厚労省や自治体が実行していることになる。
いや、その前に、
税金を納めていた国民が実行したことになる。

県境にある遠隔地。
そこで困っている傷病者に、
ペイ・フォワードをしようよ。
その自治体が自力でできないような困難な地域に、
ペイ・フォワードで隣の県から出動しようよ。
その自治体は、別方向の県境で
ペイ・フォワードすればいい。

青森県が岩手県、秋田県に、
岩手県が秋田県、宮城県に、
北海道が青森県、そしてロシアに、
厚労省がドクタージェットで北海道に、
すごいぞ、ペイ・フォワードだ。
日本人的だと思う。


「怖くて変われない人は臆病だ。
世界には今の暮らしが苦しくても慣れすぎて変われない人が多い。
あきらめた人は負けなんだ。」
映画の中で、少年が訴えていた言葉。

日本のドクターヘリは
ペイ・フォワード、恩送りだね。
国民のみなさん。

われわれが
すごく大きなペイ・フォワードに関わることができる日は近い。
きっと近い。
・・・・
芦刈様、コメントいただければ幸いです。

追伸:
映画DVDペイ・フォワードは、
レンタルショップで
100円で借りることができますよ。

(県境を越えてペイ・フォワード  完)


コメント

  1. 芦刈淳太郎 | URL | De6CjWPI

    ありがとうございます

    芦刈淳太郎と申します。
    引用していただきありがとうございます!

    ペイフォワード、恩送りって、日本人にとって普遍的なことですね!ドクヘリもそうだとは思いつきませんでした!
    それと、お子さんが席を譲った時に褒めるのは、親として素晴らしいと思います。お子さんにとって一生記憶に刻まれることかと思います!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1558-3ea862e6
この記事へのトラックバック