スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊に襲われた その4

2013年12月03日 18:53

三戸町名久井岳が左に見える。
この山は無線の敵だ。
山を越えるとCSと無線交信できなくなる。
山を越えないと、現場救急隊と無線が通じない。

その名久井岳を通過した。
整備長は無線器に向かった。
だが、現場救急隊は応答しない。
現場活動中なのか?
携帯無線器は出力が弱いので、通じないかもしれない。
こんなときは、八戸消防が中継してくれる。
「消防八戸です。八戸ドクターヘリ1中継する。・・・・」

ランデブーポイントは、
先日降りた駐車場だった。
消防ポンプ車の隊員が安全確保してくれる。
サシコを着込んだ、屈強な男が、
親指を立てて合図してくれた。
無線が入る。
「風向、風速○○」ポンプ隊

機長はそれに呼応するように高度を落とす。

そして、着地。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1548-86fc594e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。