新シリーズ開始:救命病棟24時に茶々を入れよう!

2009年09月03日 23:58

現在,江口洋介さん主演の『救命病棟24時 シーズン4』が視聴率No.1のようです.
このドラマの映像が手に入りましたので,
少しずつ解説記事など書いてみようと思います.


まず冒頭から怒涛の展開が始まります.
挙式中の教会に突進する救急隊,患者は…新婦さん!

呼吸困難から意識障害となったようで,救急隊が接触したときは昏睡状態です.
救急隊は意識III-100と表現していましたが,これは以前にも書いたJCSでの評価です.
またハッキリ写っていませんが,患者さんは呼吸が速いようです.

このとき,右側を下にして横になっていたことに注意が必要です.
お腹が大きくなった妊婦さんで,この姿勢は非常にマズいのです.
その理由は,下半身から心臓に血液を戻す大きな静脈が体の右側にあるからです.
右を下にすると,大きくなった子宮がこの静脈を圧迫して血液が心臓に戻らなくなるのです.
すると脳に酸素と栄養が届かなくなって,さらに状態を悪くしてしまいます.

救急隊は酸素投与しながら救急車に収容しますが,搬送先が見つかりません.
高度の意識障害がある妊婦となれば母子2人とも緊急対応が必要ですが,両者を助けることは非常に難しいのです.
そして担当するのは産婦人科・小児科・救急と,人手不足と言われる診療科ばかり.
さらに残念なことに,結果が悪かったと医療者が訴えられた実例があるのも事実です.
こうしたことで都会の病院が,善意と熱意だけでは引受けられない,と考えるのも無理はありません.私たち田舎の病院では,断るという選択は最初からありませんが..

ちなみに,受入れ許可が出ない病院に救急車を向け続けると断られたとき次の候補病院が遠くなるため,普通は分かれ道で救急車を止めます.
ただ,ドラマでは止まった救急車では絵にならなかったのでしょう.あるいは,複数の候補病院が近くに密集していたのかも知れませんが…

そのうち患者さんは心肺停止してしまい,車内で心肺蘇生が始まります.
「特定行為の指示要請!」と叫んでいるのは,医師から電話越しに気管挿管して良いとの許可をもらうためです.救命士は自分の判断だけでは処置が許されていないのです.

その騒動のなか,いよいよ神童,もとい進藤先生が颯爽と登場!

この続きは次回に...


ひとつだけコメント.
オオヤマ先生がERで心肺停止したときや,後のERでの緊急手術など,
胸骨圧迫(つまり心臓マッサージ)が行われるシーンが何度も出てきます.
しかし,どのシーンでも圧迫が浅い!というか本気で押していません.
『コードブルー』では,割としっかり胸骨圧迫してたので,余計にこの点が目に付きました.


コメント

  1. 広域助け人 | URL | 89zBIK8s

    ダブルブッキング

    なるほど、ドラマへの突っ込みするどいです。この時間、十和田は大混乱。火災現場では顔面・前腕に二度熱傷、鼻毛が焼けていることから気道熱傷の疑い。と別現場では左下腿解放骨折と頭部強打の疑い。霧で飛べないヘリが悔しいです。

  2. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/150-8cc9142a
この記事へのトラックバック