スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害訓練その4

2013年09月07日 18:52

ジェット機の加速はすごい。
窓がほとんどないので、滑走路を走る機体のイメージが中からはつかめない。
われわれは、受け持ちの患者の体を
自分の両腕を伸ばして固定した。
ブルブル振動。
source_DSCF3281_R.jpg
(許可をもらって撮影しています)
後ろに押される重力。
会話不能な騒音。
訓練だけど、すごい迫力だ。
・ ・・・・
水平飛行に入ると、シートベルサインが消えた。
ロードマスターから機内アナウンスがあった。
われわれはそれぞれ立ち上がり、
患者の評価と処置をする。
カルテを書く。
インストラクターが、患者情報を出した。
「心室性期外収縮多発」の文字が書いた紙が出された。
秋田隊ナースは直ぐに医師に指示を求めた。
患者はクラッシュ症候群。
「輸液アップ、メイロン静注、リドカイン静注、それと
心室細動に備えて、AEDを手元において」
機内の中央に備えていたAEDを前列の患者の元に移動させた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1464-e792ec65
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。