悪天候ならドクターカー 最終

2013年08月05日 18:54

血圧が高くて昏睡なら脳卒中。
ただし、高齢者に多い。
血圧が低くて、脈が速く、昏睡なら、出血。
血圧が低くて、脈が遅く、昏睡なら、中毒。
若い人に多い。

男性は、中毒を疑われた。
呼気の匂いは問題ない。
口の中に変な色がついいていない。
緑ならパラコート(農薬)
白なら有機リン(殺虫剤)
状況評価からガス中毒を疑う。

吉岡医師は、ガス中毒を考えた。
低酸素状態が長いはず。
脳のダメージは大きいはず。
脳に酸素を送る。
脳の腫れをとるために二酸化炭素を減らしてみる。

注意深く、気管ソウカンした。
二次中毒はなかった。

電話をする。
ダイレクトブルーPHSには、ER当番の濱舘医師が出た。
今日のER当番はレディース。
濱舘、河野、齋藤、と夏堀研修医。
4名の美女が担当。

以前さいたま消防で、一晩、3名の救急隊員が全員女性だったことを思い出した。
八戸レディースは収容準備を開始した。
40分後に、救急車は八戸ERに到着した。

その時間、河野裕美医師は、ER1ベッドを診ていた。
発熱、食欲低下、歩けない。
60歳台女性は、河野医師により治療を受けていた。
しかし、手が異常に冷たい。
頸の静脈が腫れていた。
声がかすれる。
私は河野裕美医師から相談の電話を受けた。
「直ぐ行く」
救命救急センターで回診を終えた私は、
すばやく階段をかけ降りた。
「心不全だろうか」つぶやきながら先を急いだ。

今度は、救急車搬送された男性。
心タンポナーデだった。

悪天候ならドクターカー 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1433-317c6f08
    この記事へのトラックバック