連続自殺 その3

2013年06月12日 18:03

13時44分119通報。女性の首吊り。
13時49分救急隊は現場到着。
運がいい、心臓が動いていた。
しかし意識はない。
13時50分救急隊長はドクターヘリ要請する。
13時54分、八戸ドクターヘリが離陸した。
ヘリ番の私、吉村医師、神田看護師を乗せて。

目的地は近い。
高度180mで飛ぶ。
「機長、今日は高度低いですね」
「目的地が近いので、このまま、高度を上げずに、進みます」機長
14時0分着陸。
ランデブーポイントには、まだ、救急車は到着していなかった。

風が強い河川敷にEC135はポツリと着陸して待つ。
「八戸ドクターヘリ102から、○○救急どうぞ」
わたしは、ハンディ無線器で救急隊と連絡を取る。
「救急○○です。八戸ドクターヘリ102どうぞ」
「八戸ドクターヘリ102から、○○救急、
患者のバイタルサイン教えて下さい」
「意識、JCS300、トウコツ触れる。呼吸弱い。あと、3分で到着」

救急車のサイレンが聞こえた。
14時4分救急車はEC135に横付けされた。
われわれは救急車に乗り込む。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1374-dfa10b39
    この記事へのトラックバック