スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背黒せきれいと雪と六ヶ所村 前編

2013年05月08日 18:17

4月は、気持ちいい。
新人がたくさん入職する。
研修医1年目が救命救急研修を開始した。
17名中の4名。
夏坂は三戸群出身、岩手医大卒の聡明な女性医師。
高橋は巣鴨高校、東北大学、産科志望の秀才
藤村は八戸生まれ、弘前大学、幾多の困難を乗り越えて、見事八戸市立市民病院研修医採用試験に合格。
對馬は、弘前高校、弘前大学のエリートコース。はじめての弘前以外に居住する。
学生実習の横野(弘前大6年)、油川(埼玉医大6年)
堀口(自治医大6年)も加わる。
八戸ERはすずめの学校のようだ。

八戸ERにもう一人の新人。
正確には出も鳥(でもどり)
ER前に毎年来る背黒せきれい。
「東病棟」の看板がER前にある。
感染症専用病棟が八戸市立市民病院にある。
重症な感染症を扱う病棟だ。
ER自動ドアの外の右壁に看板が取り付けてある。
そこに、白と黒の羽を持つ背黒せきれいがやってきた。
救急車の合間をチョコチョコ飛び回る。
スズメ科。
救急室の看板の前にも時々いる。
今年は4月12日にやってきた。
背黒セキレイ八戸救命

北国では4月になっても雪が降る。
雪が降る日は、太陽が出ていても気温が低い。
朝のドクターヘリミーティングでは、
雪予報を機長が話した。

10時20分六ヶ所村オブチ診療所から転院搬送の依頼がERに入る。
続いて六ヶ所消防からCSに、ドクターヘリ要請。
CSは六ヶ所村の天候を確認したあとで、
出動Okの返事をした。

天気図では雪雲が日本海から津軽、青森市まで覆う。
雪雲は東へ流れていた。
この時間、青森市上空は視界不良。
八戸市から六ヶ所村の太平洋側は青空。
機長は1時間後の天候を予測してから
出動を決断した。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1359-1733a2f4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。