スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心臓破裂吉岡出動 その4

2013年05月02日 18:22

八戸消防指令課は、今朝の冷え込みで、
交通事故多発を予想していた。
全署員、指令課の電話前で待機。
この通報に備える。
「今朝は危ないよ」ベテラン指令課員。
予想通りの展開だった。

次々と入電。
別な119番通報、
現場は根城大橋?。

別な119番通報、
現場は市内?。

別な119番通報、
現場は三戸郡?。

百戦錬磨の八戸消防指令課だが、災害状態になる。
青森県で一番多く救急車を持っているのが、八戸消防だ。
県都ではないけれど、ここの指令課は、
一度に何台もの救急車を同時に動かす。
さらに、ドクターカー2台、
ドクターヘリ1機を動かす。
ときには、医師ピックアップ赤車出動を発令する。
この、機動力はまさにNHKのサンダーバード基地だ。
空、陸、海、地中、宇宙

八戸大橋へは東救急隊が先発救急隊だった。
多数傷病者に対して、赤車、白車、指揮車を出動させた。
この事案出した緊急車両の合計台数を私は知らない。

八戸消防の手持ちの駒はほぼ使いつくしていた。
掲示版は一か所を除いて全車出動中を示していた。
119番通報の情報では、1名意識がない。
指令課は、最後のカード
八戸ドクターカー出動を発令した。

八戸ドクターカーは午前8時から始動する。
午前7時過ぎでは、まだスタンバイ前。

指令課は、赤車出動による医師ピックアップを実行した。
赤車は、どこから取り寄せたのだろうか?
(続く)

劇的救命開始 (640x598)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1353-a2cf0a2f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。