スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八戸港出動 その4

2013年03月16日 18:56

続いて、天内研修医が下りた。
天内研修医は、青森高校卒業、東北大学卒業の才女。
性格も優しい。
さらに、器量もいい。
外傷病院前救護講習会JPTECを終了している。
最後に、神田看護師。
二人がメインローターの回転半径から出たことを私は見届けた。
南東の方向に私は走り出す。
右手に青い救急バッグを持つ。
天内研修医は、黒い超音波バッグ、
神田看護師はオレンジの外傷バッグ。
走りながら私は、
機内で周波数を県共通波に合わせておいた携帯無線機のスイッチを押した。
まだ、救急隊から情報をもらっていない。
救急隊が、現場活動中は、無線はほぼ通じない。
救急車内に患者を収容して初めて無線器を使える。
そろそろ、車内収容だろう。
「八戸ドクターヘリ102から、川原木救急13どうぞ、患者情報教えて下さい」
直ぐに無線が帰ってきた。
現場で全力疾走して、過去に失敗したことがある。
岸壁から桟橋を走り、防波堤先まで走ったとき、
現場に着いた私は、自分の呼吸が速く、
会話がうまく出来なかった。
だから、現場ヘ向かうときは、
50%くらいの力で走る。
すると、走りながら、無線器で会話が出来る。
角を曲がると白車が見えた。
後ろのハッチドアが開いていた。
男性はバックボードに固定されていた。
私、天内研修医、神田看護師の順で車に入った。
11時34分患者接触。
Primary surveyは得意。
この言葉を使ったのが1997年。
まだ日本での普及前から。
2002年からJATECでも同じことを教えてきた。
デモンストラーターに指名された。
私は流れるように患者を診る。
そして処置。
胸の上がりを見ながら、隊長に進言した。
「車を、ドクターヘリに近づけてください。
ゆっくり発進して下さい。」
「機関員、出発、ゆっくりと」隊長は指示した。
救急車はサイレンを鳴らして、けれどゆっくり走り出した。
私は、その頃胸部の聴診を終えていた。
サイレンが鳴っても、聴診器以外なら普通に診察できる。
この車の発進のタイミングが重要だ。
天内研修医は、静脈路を確保してくれた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1306-945f7cd3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。