スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮外妊娠ショック その2

2012年12月12日 18:55

六ヶ所村運動公園駐車場には
8時18分着陸した。
北消救急41は、すでに先着していた。
EC135のメインローターが回っている間に、
われわれは救急車に乗り移った。
女性は、真っ白な顔色。
脈拍は弱く、早い。
冷や汗あり。
強い腹痛。
からだを動かさないのは、腹痛が強い証拠。」
腹膜炎など、強い腹痛では、
七転八倒しない。
女性は、約1時間前に診療所を受診していた。
超音波検査で腹腔内出血あり。
子宮内に赤ちゃんの袋なし。
尿検査で妊娠反応あり。
ショック。
診断は容易だ。
ショックの患者は、
血管が縮む。
診療所医師は、点滴に手間取る。
ソケイ部の大腿静脈に点滴を取った。
診療所受診時は
血圧76・45
ドクターヘリでわれわれが接触時は改善して
血圧103/45.
ただし、点滴は、2ルートから全開で落とされていた。
これまで1.5リットル終了。
私は、バイタルサインを確認し、
全身評価をした。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1207-ed8ba4d5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。