スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月学会 前編

2012年11月20日 18:17

11月は学会目白押し。
八戸救命では、だれが留守番するかが問題になります。
11月発表した学会内容です。

最後の、村田医師は研修医1年目です。
頑張っています。
東京生まれ、徳島大学卒業。
救命救急にあこがれて八戸にやってきました。
将来が楽しみです。

松原医師も1年目研修医です。
岐阜県生まれ、東京医科歯科大学卒業。
救命救急に惹かれて八戸にやってきました。
ともに将来が楽しみです。

医学の業界では、学会発表と論文が業績の評価になります。
どんなに当直しても、救命しても、業績としては評価されません。

八戸では、患者の救命は当然、
当直や日常業務も当然、
ドクターヘリや、ドクターカーも、
すべてやって、さらに学会,論文作成です。

そしてわずかな休み。
給料は、近隣施設で最安値。

こんな、施設でも人は集まる。

2011年八戸救命学会発表数は53.
論文20です。

11月の発表です。

1. 原純:
私の基地ではこうしている。
第19回日本航空医療学会。2012.11.9-10.木更津市。

2. 原純:パネルディスカッション。
当院でのドクターヘリ、ドクターカーの運用状況とその住み分け、相違点の考察。
第40回日本救急医学会総会。2012.11.13-15.京都

3. 河野慶一:
急激な経過で死亡に至った、重度の溶血を伴うclostridium perfringes感染症の1剖検例。
第40回日本救急医学会総会。2012.11.13-15.京都
DSCF9685 (800x450)


4. 吉村有矢:
骨盤骨折後軟部組織感染症に対する陰圧閉鎖療法と高気圧酸素療法の併用治療は治療期間を短縮できるか。
第40回日本救急医学会総会。2012.11.13-15.京都

5. 新美大祐:
当科における敗血症治療の死亡率。
第40回日本救急医学会総会。2012.11.13-15.京都
DSCF9684 (800x450)

6. 木川英:
脳梗塞に対するドクターカーを使用したdirect CT。
第51回全国自治体病院学会。2012.11.8-9.高松市

7. 今明秀:
臨床研修ニューブランド八戸。
第38回八戸医学。2012.11.17.八戸市

8. 吉村有矢:
院外心肺停止患者に対する経皮的心肺補助法を用いた体外循環式心肺蘇生法(ECPR)の実績。
第38回八戸医学。2012.11.17.八戸市

9. 松原啓祐(研修医):
メタリックステント留置後に再閉塞と、穿孔により緊急手術を施行した2症例。
第38回八戸医学。2012.11.17.八戸市

10. 村田信也(研修医):
八戸ドクターカー出動2012.
第38回八戸医学。2012.11.17.八戸市
DSCF9691 (800x427)




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1184-91bb099b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。