血栓症 その3

2012年10月13日 18:10

私は、高齢者の敗血症の原因が肺炎にしては
レントゲンの異常な影が軽すぎることを不審に思っていた。
ほかに、我々が気づかない病気が隠れていたのではないか?
死因はほかにあるのではないか?
患者の家族に説明をすると、
病理解剖を承諾してくれた。
八戸市立市民病院救命救急センターでは、年間50人の病理解剖を行っている。

開始時刻は13時45分。
執刀は私。
・ ・・・・
ドクターカーで赤坂医師が運んできた女性のCT検査結果は悲惨だった。
腹部大動脈が詰まっていた。
内臓も、足も、これでは腐る。
いや、すでに腐り始めているかも知れない。
ソケイ部の静脈採血をした。
カリウムが5.5と高い。
正常は5以下。
このことは、足が腐り始めていることを示す。
しかも、両側。

血尿が出ている。
腎臓動脈が詰まっているせいだ。
腎動脈が完全に閉塞すると無尿。
部分閉塞で血尿。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1140-f1aba0b2
    この記事へのトラックバック