ドクターカー重複要請 南部町・七戸町 その5

2012年10月08日 18:09

ドクターカーは、おいらせ町に入った。
携帯電話が鳴った。
中部上北消防から、
「現場は、七戸町のさらに北。
ショック状態。
女性。
腹部骨盤外傷。
これから七戸町を越え、
十和田市を越え
ドッキングになるはず」
「了解」

ドクターカーは、六戸町に入った。
その先が十和田市。
そろそろドッキングだ。
再び電話が入った。
「救急救命士工藤です。
ショック状態継続。
救急車は七戸町に入り、七戸病院に近づいています。
一旦七戸病院敷地に入ります。
七戸病院の松本先生に、救急車に乗り込んでもらい、
輸液をはじめてもらいます。
手短に、七戸病院を出発する予定です」
「なるほど、いい作戦。長居は無用作戦で了解」

六戸町を越え、十和田市に入る。
ここで、今度は県共通波の無線が鳴った。
救急車が近い証拠だ。
「ドッキングポイントは、国道4号線、サークルK駐車場」
「了解」
ドクターカーは国道45号線から4号線に右折した。
坂道を上がると、
ローソンが見えた。
「八戸ドクターカー1より、
中部救急1どうぞ、
ドキングポイント、4号線ローソンに変更したい」
「中部救急1了解」

19時2分ドクターカーは、左にウィンカーを上げて、ローソン駐車場に入った。
「以前も、ここでドキングしたから、
ここで行いたい。
この先、すれ違うのが一番怖い。
中央分離帯が長く続くので。」
なるほど。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1134-c88a3509
    この記事へのトラックバック