スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の出動 最終

2012年08月23日 19:59

垂直に離陸したEC135は、高度300mで水平飛行になった。
機体の安定を確認して、
新美医師は、女性の腕に針を刺した。
成功。
「シートベルトはずします」室内通話で整備士に私は伝える
成功した血管留置針の接続と固定を手伝うには、
ドクターシートからは遠かった。
シートベルトをはずして、私は新美医師に近づいた。

「青森ドクターヘリ1から八戸市民病院どうぞ、
患者情報です。
発症から3時間以上経過した脳卒中。
血圧170、血糖良し。
方麻痺、顔面麻痺、ろれつが回らない。
脳卒中を疑います。
ダイレクトCTをおねがいします」

八戸市立市民病院着陸。
エンジン停止、メインローターの停止を待って、
患者をクラムシェルドアから出した。
迎えに来てくれたのは、濱館医師と、救急救命士専門学校の小笠原君、
勝田研修医。

ちょうどCT室を確保したばかり。

CT室では、頭部CTを撮影する。
結果は脳出血だった。

救命救急センターに入院となった。
1人の患者のために多くの医療者が出動する。
先進国だからできること。

(朝の出動 完)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1090-947a73b8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。