朝の出動 その2

2012年08月20日 18:56

EC135はエンジンスタート済みだった。
ナースシート、OJTシートに二人はすでに座っていた。
8時20分にシートベルトの長さをすでに調整済みだった。
右腰でカチッとロックし、
白いヘルメットをかぶる。
内臓ヘッドホーンからいきなり声が聞こえる。
「離陸しますよ」機長の声
8時31分離陸。
高度300mには3秒で到達する。
青い空、青い海、緑の森、白く輝く川の水面。
白い渡り鳥が下を飛ぶ。
八戸市立市民病院を後ろにすると、
後ろに八戸消防本部が見える。
ヘッドホーンからCSの声が聞こえた。
「80歳代女性、トイレで麻痺により動けない。
救急隊は現場到着前。
現場救急隊は福地救急9、
支援隊は福地ポンプ39」
これだけの情報で、EC135は現場へ向かう。

南部町福地地区は、旧福地村。、
ニンニクの中でも最高級の品種と言われる
「福地ニンニク、福地ホワイト」の原産地。
青森県では、国産ニンニク生産量の8割を作っている。
東京で食べられる、丸ごとニンニク素揚げの、
ほとんどは青森県産の福地ホワイトです。

後ろの機内では、始業点検を続けた。
酸素残量1600、OK.
人工呼吸スイッチオン。OK.
吸引機スイッチオン、OK.
モニタースイッチオン、OK.
超音波スイッチオン、OK.
挿管セット、体温計、AEDパッド、アドレナリ予備、OK.

8時29分福地救急9は現場到着。

「消防八戸から青森ドクターヘリ1どうぞ、
救急隊現場到着、
右麻痺あり、
支援隊はまだ到着せず、
現場はランデブーポイントから100m」
「青森ドクターヘリ到着まで3分」整備長

8時37分ランデブーポイント着陸
「左に、救急車が到着し
ましたよ、
左を空けます」整備長
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1087-0bae224a
    この記事へのトラックバック