スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説:脳死、低酸素性脳症、改正臓器移植法

2012年06月26日 18:00

6月27日水曜日今明秀テレビ生出演します。
青森県民放ATV.
午前10時から
おしゃべりハウス
今回のテーマは
「ジェネリック薬品」
後発メーカーが安い薬を販売しています。
解説します。


連載中の子供脳死判定について質問があったので用語解説します。
・・・・
脳死

改正臓器移植法は、脳幹を含むすべての脳機能が失われ、
回復しない状態を脳死と規定している。
判定では、
痛みを感じないほど昏睡が深く、
瞳孔が光に反応せず、
のどを刺激してもせき込まないなど脳幹反射が消えて、
脳波がフラットで、
自力で呼吸できない状態を確認する。

6歳以上は6時間以上、6歳未満は24時間以上の間隔を空けて2回検査し、
2回目の終了時が死亡時刻となる。

生後12週未満は法的判定の対象外。

いわゆる植物状態は脳幹の機能が残っており、
脳死とは別。
脳死は心停止、呼吸停止、瞳孔散大の「心臓死」と異なり、
人工呼吸器を着けて心臓は動いている。

・・・・・・・
低酸素性脳症
 
呼吸器や心臓などの循環器が働かなくなり、
脳に十分な酸素供給ができず、脳機能に障害が起きた状態。
心筋梗塞や心停止、窒息、各種のショックなどが原因で起きる。
脳への酸素供給が5分以上途絶えると、
そのあと呼吸が再開しても重い脳障害が生じる。
素早い蘇生が重要とされる

・・・・・・・
改正臓器移植法
 
1997年の臓器移植法の施行以来、
脳死からの臓器提供には本人の書面による意思表示が必要だったため、
提供ができるのは民法で遺言ができる15歳以上に限られていた。
2010年7月に施行された改正法では、
書面による意思表示が不要になり、生前に拒否の意思表示をしていない限り、
家族の承諾があれば脳死判定と臓器提供が可能になったため、
年齢制限もなくなった。
虐待を受けて死亡した子どもから臓器が提供されないよう、
18歳未満の場合は脳死判定する病院の委員会で
虐待の疑いがないか確認することが必要。

明日は、
第2話です。


コメント

  1. 名無しさん | URL | -

    他院では、小児看護専門看護師が多くの役割を担っているようです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1042-1930b0e4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。