青森県下北半島東通村でドクターカー運行

2012年06月05日 18:45

東通で多機能ドクターカー運行へ
111114_01.jpg

青森県と東京の医療機器メーカー
「GEヘルスケア・ジャパン」は、
下北半島東通村の包括ケアなどに「多機能小型ドクターカー」を活用する実証研究に
今月中旬から着手する。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120604160203.asp

救急患者の元に医師が駆け付けるタイプのドクターカーと異なり、
小型超音波診断装置や心電計、ストレッチャーなど搭載し検査機器で患者らを診察する、
いわば“走る病院”という。
実際の運行開始は今秋を目指すが、
川原田東通村診療所所長はやる気満々。

川原田所長は、私の高校、大学の先輩です。
この軽自動車ドクターカーを開発したのは、
日本医大二宮教授。
川口救命で私の先輩。

軽自動車ドクターカーとドクターヘリのランデブーが実現するかもしれない。
あたらしいサンダーバード作戦だ。


コメント

  1. 下北のママ | URL | -

    下北がんばれ!

    下北出身のものです。
    毎日ブログ拝見しています。

    東通村での、小型ドクターカーの実用化について、ドクターカーの併用で今後、期待できることは、どんなことが見込まれるでしょか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1018-2a7492d0
この記事へのトラックバック