つがる消防

2012年06月03日 18:06

15時23分、つがる消防から要請が入る。
またしてもつがる消防。
青森市にドクターヘリが移転して
良かったことは、
つがる消防からの要請が飛躍的に伸びたこと。
八戸市にあったころは、
つがる消防ではドクターヘリ要請をためらうことが多かった。

CSはインターネット天気図を見る。
八甲田山の東に雲が見える。
続いて、インターネットのサイトカメラで、三沢、野辺地、青森市の風景を見る。
三沢に霧がかかっている。
でも、何とか通過できそうだ。
「八戸市民病院から青森ドクターヘリ101どうぞ、
つがる消防から要請です。
出動できますか、天候調査おねがいします」CSは機長の持つ無線器に連絡を入れる。
「了解、天気チェックします」機長

15時32分離陸
16時6分五所川原に着陸
1分後患者に接触。
ヘリ番は原医師。
墜落外傷だが、墜落した原因は何だろうか。
意識がなくなったのか、
滑ったのか、

それらも考えながら診察する。
後頭部に打撲痕があり、出血していた。

意識が悪い、痛み刺激で手足を突っ張る。
除脳硬直だ。
気管ソウカンの適応だ。
ミダゾラムを10mg注射して鎮静する。
そいて気管ソウカン。
二酸化炭素がたまると、
脳がはれてくる。
だから、換気をちょうど良くする。

16時24分、離陸
県病へ向かう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/1016-d472af91
    この記事へのトラックバック