救命センター充実度92点

2017年02月27日 18:02

救命救急センターの診療体制の
平成28年度の充実度を厚生労働省が発表しました。
27年度実績です。
八戸市立市民病院救命救急センターは
自己最高タイの92点を獲得しました。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000148552.pdf
これで4年連続
東北北海道で一位です。
救急車受け入れ数5,943件
重篤患者数2,106人。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000148270.pdf


全国一位は
神戸市立病院で
なんと101点の満点。

過去の記録を見ると
平成26年度救命救急センターの充実度評価結果では、
八戸市立市民病院救命救急センターは得点92点。
26年度は充実度全国9位でした。
その時は
東北北海道で初めて90点越えです。
その時も
一位は神戸市立病院。

さらにその前、
12年前の八戸市立市民病院救命救急センターは
充実度は全国下から2番目でした。
私が赴任してきた年です。
それと比べると
八戸は
大躍進です。

一刀両断

2017年02月04日 18:46

一刀両断 - コピー

救急エコーの本
売れています。

神戸大学の岩田健太郎教授の発言です
「ぼくは本書が大好きだ。かなり、シビレた。」

後期研修募集

2017年01月25日 18:47

八戸

心筋梗塞治療スピード日本一

2017年01月24日 18:39

心筋梗塞は、心臓の冠動脈が詰まって、
心臓の筋肉への血流が悪くなることです。
その治療は心臓カテーテル治療で詰まった心臓の冠動脈を通過させることです。
患者が病院についてから、
心臓カテーテル治療で冠動脈の血流を再開させるまでの時間は
早いのと遅いのを比べれば、
早いほうが治りもいいです。

国際的には、その時間の目安が決まっていて
90分以内です。

各施設は、患者が病院についてから、
心臓カテーテル治療で冠動脈の血流を再開させるまでの時間
90分以内を目指して工夫しています。

八戸では、
ドクターカーとドクターヘリで、
救急医師が患者の発生場所に出動します。
病院に着く前に、
心筋梗塞の診断を付けて、
病院の中での、心臓カテーテル治療を加速させます。
日本病院会がDPCより統計を取って
施設ごとに目標の90分以内をクリアできた心筋梗塞症例数を発表しています。

今回発表になったのは、
2015年4月から2016年9月までの1年6か月の数字です。

それによると
全国1位
2連続100%達成は
一施設のみでした。
なんと、
八戸市立市民病院です。
その数154例です。

2位以下は

2位99.0%
横浜南共済病院87例
3位96.7%
福岡市民病院49例
4位95.9%
私立旭川病院100例
5位93.8%
済生会横浜東部病院100例
6位93.5%
河北総合病院120例

ドクターヘリ・ドクターカーの効果はこのようなところにも
現れていたのですね。。

膳場貴子さんとドクターヘリ

2016年12月07日 18:27

お知らせです。

BS -TBS
2016/12/16(金)
よる7:00~8:54
出演・ナレーション:膳場貴子
膳場

「密着!命の現場最前線
日本初ドクターヘリ&移動処置室の“劇的救命”に迫る!」
http://www.bs-tbs.co.jp/news/inochinogenba/


以下、番組の宣伝から転写です。

“医療”と一言で言っても、
命の誕生の瞬間から命を救う現場まで、
そして、一人の命を救う救急医療の現場から
100万人の命を救う先端医療の研究まで、
様々な医療が存在する。

今、命を救う現場では何が起きているのか?
そして、この先さらにどんな進化を遂げていくのか。
今回番組では、救命救急の最先端の現場密着、
ビッグデータの医療への活用、
二つのテーマを中心として、
日々めざましい進化を遂げている医療の“今”を伝えていく。

青森県に日本の医療が注目するひとつの事例がある。
青森県八戸市民病院の救命救急センター(ER)だ。
スタッフが掲げるチームポリシーは「劇的救命」。
医療機器を装備したヘリコプターに医師・看護師が同乗、
現場から救命医療を行いながら病院へ搬送することができる
「ドクターヘリ」。

同様に、一刻も早く医師・看護師が現場に駆けつけることができる、
「ドクターカー」。

これらドクターヘリやドクターカーを駆使し、
あらゆる手段を使って救命救急活動を行う
八戸市民病院ERの活動に
番組は長期密着。

膳場貴子も八戸に足を運び、
スタッフたちの日々の奮闘、
熱意、最新の救命救急の現場を伝える