移動緊急手術室元年

2018年06月11日 18:07

救急医学会東北地方会が6月16日山形市で開催されます。

一般演題に採用されました。
「移動緊急手術室元年」

【はじめに】
遠隔地で発生した出血性ショックと心肺停止に対して、
現場近くに根本的治療が可能な手術室を出動させることで救命する研究を
2012年八戸工業大学と共同で開始した。
2013年青森県ライフイノベーション戦略に指定された。
2014年試作車1号、2号(ドクターカーが手術室を牽引する)実験を行ったが国土交通省から使用許可が下りなかった。
移動緊急手術室運行前段階として、
有効が推測される症例がどの程度あるかを明らかにするために、
過去5年間の八戸ドクターカーの長距離出動例を後方視的調査した。
2015年試作車3号(自走式)が当院倫理委員会で承認された。
2015年10月3号実車が完成した。
2015年11月青森県庁から
「病院の手術室以外で手術を行うことは医療法上認められない」と移動緊急手術室の使用中止通達が届いた。
2016年2月23日衆議院で「ドクターカーの中で手術が可能であると判断すべきではないか」と議論がされた。
2016年6月厚生労働省から
「緊急避難的にドクターカーの中で手術を行う場合は(手続きがなくても)やむを得ない」と回答が来た。
2016年7月1日移動緊急手術室・ドクターカーV3の運用を開始した。

【結果】
2年間で要請10件(外傷2例、
心肺停止8例)、
途中キャンセル7例、
病院前 extracorporeal life support(PH-ECLS)実施3例、
外傷開胸手術なし。
PH-ECLSの3例中1例はCPC1で退院した。

【考察】
フランスのドクターカーを運営するSAMUはMobile ICUで医師が現場へ出動し、
PH-ECLSを開始している。
彼らは、車両内ではなく、青空下、建造物内でもPH-ECLSを行っている。
適応は
AEDを用いたCPRに20分以内に反応しない症例で、
No flow time<5分
かつVF/VTまたはPEA、
かつETCO2>10mmHg
かつ虚脱後60分以内の開始(100分まで許容)となっている。

【結語】
衛生面を考慮した移動緊急手術室を開発したが、
医療法に抵触し使用開始が遅れた。
フランスでは同手術を青空下で行っている。
制度の違いを感じた。

ドクターカーV3国際救急学会発表

2018年06月08日 18:21


国際救急学会がメキシコで開催されています。
私、吉岡勇気医師、吉村有矢医師が発表します。

私の発表は
ドクターカーV3の3例
ICEM2019 ドクターカーV3 - 500ー
ポスターのデザインは藤田健亮医師です。
MOREs の命名は軽米寿之医師です。

3cases of Prehospital ECPR in the Mobile Operating Room

Akihide Konn, Tatsuya Nodagashira,
Hachinohe City Hospital, Department of emergency and Critical Care Medicine,Japan


Abstract–
Introduction:Mobile Operating Room for Emergency surgery (MOREs) can be potentially effective for saving lives by starting Extracorporeal cardiopulmonary resuscitation (ECPR) from the site near the scene. MOREs brings 3Drs and the ECMO devices. We construct a simplified theater for 5 minutes. MOREs enables early ECMO implantation and emergency thoracotomy.
Case1:A-45-years-old woman accidentally felt from the bridge and drifted down the river to the sea in winter. The EMS pulled her up from the sea and found her in cardiac arrest. A rapid response car dispatched in advance and started the ACLS. MOREs with 3 doctors and 2 clinical engineers dispatched because she needed prehospital ECPR. We started ECPR in MOREs 5 minutes after unsuccessful standard ACLS resuscitation. She was transferred to the hospital for 20 minutes and rewarmed, then the return of spontaneous circulation was archieved. Days2, she was weaned from venoarterial extracorporeal membrane oxygenation (V-A ECMO) and mechanical ventilator. Days4, she was discharged from the intensive care unit and a few days later, she left the hospital with CPC 1.
Case2: A-66-years-old man became cardiopulmonary arrest(CPA) 45km away from the hospital and the by-stander instantly started CPR. 9 minutes after CPA, the EMS arrived at the scene, the ECG rhythm was ventricular fibrillation(VF). We started ECPR in MOREs 61 minutes after CPA and it took only 13 minutes to establish V-A ECMO. ECMO was successfully discontinued. But he died at day 7.
Case3:A-age-unknown man suddenly became CPA 48km away from the hospital and the by-stander started CPR. 10 minutes after CPA, the EMS arrived at the scene, the ECG rhythm was VF. We started the ECPR 62 minutes after CPR and established V-A ECMO after 84 minutes. But the spontaneous circulation didn’t return.
Conclusion: Prehospital ECPR in MOREs can shorten the time to restart circulation when it takes a lot of time to transfer the patient to the hospital.It was unsuccessful to the CPA patients 45km away from the hospital but successful to the patients 10km away from the hospital. Further research is necessary to decide the adaptation of the ECPR in MOREs according to the distance from the hospital.
ICEMメキシコ500

ICEMメキシコ500-2002

ICEMメキシコ3,500

外傷初期診療講習会PTLS募集開始

2018年06月01日 18:10

Primary-care trauma life suppoprt(PTLS)

「八戸ってすごいですね」
「何が?」
「こんな高度な講習会をさらっとやってしまうのだから」
医師・看護師外傷初期診療講習会(PTLS)を毎年夏に開催しています。
医学の基本は救急診療です。
救急診療の中で、外傷診療は総合力が試されます。
気道、呼吸、循環、中枢神経、体温の観察と評価、
その緊急処置、感染と虚血の合併症対策、
損傷部位別の治療優先順位決定、
これらの能力が外傷診療には必要です。
「去年は受講漏れたんです。
今年は絶対受講したかった。
午前0時にクリックしました」
私どもは1997年より、PTLSを100回以上、
3000名以上の医師に講習してきました。
2005年より看護師コースを開催しています。

「こんなにたくさんの人形と講師をどうやって集めたんですか」
玄関ホールには12の小部屋が作られ、
そこを受講生が移動する形で、
実技講習会が行われます。
医師の実技は、
喉に太い針を刺す緊急気道確保法、
小児の輸液路確保目的に下腿の骨に針を刺す方法、
肺が破裂したときに胸に管を入れる方法、
心臓破裂のときに心臓をくるむ袋に管を入れる方法、
腹部出血をすばやく見つける超音波検査、
骨盤骨折に対する圧迫固定法です。
看護師は、患者収容準備、
多数傷病者のトリアージ、
気管挿管の介助法、意識判定のコツ、
背部を見る手順、頚椎カラーの外しかたの実技講習です。
他に、模擬診療を一人2~3例経験させます。

「こんな救命センターで働ける看護師はうらやましいです」
指導に当たった、
救命救急センタースタッフと準備に奔走してくれた事務局の努力の甲斐があり、
多くの受講生から感動のメッセージが届いています。
今年もご期待ください。

「実技も良かったけれど、食堂のせんべい汁も良かった!」

下記の日程で受講生の募集が始まります。

【日時】
平成30年9月1日(土)
【対象】
医師コースと看護師コース

【場所】
八戸市立市民病院

【講師】
今明秀他

【受付期間】
申込期間は下記の通りです。

受付開始:平成30年6月 1日(金) 00:00
受付修了:平成30年6月29日(金) 12:00

URLはこちら↓
https://www.hospital.hachinohe.aomori.jp/eventpost/%e5%85%ab%e6%88%b8ptls%e8%ac%9b%e7%bf%92%e4%bc%9a%e9%96%8b%e5%82%ac%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85

劇的救命日記マンガ10話

2018年05月29日 18:30

劇的救命日記のマンガが最新10話が配信されています。
無料で見ることができます。

https://www.drsgate.com/company/c00042/kon_10.php?
10話

平成30年度 職員採用試験のお知らせ

2018年05月28日 18:12

八戸市立市民病院の職員採用のお知らせです

http://www.hospital.hachinohe.aomori.jp/archives/recruit_cat/recruit-c
(採用予定日:平成31年4月1日)
申し込みの締め切りは 5月31日(木)の消印有効
第一次試験は平成30年6月17日(日)

募集は
看護師(助産師含む) 80人程度
薬剤師     7人程度
臨床工学技士 2人程度
診療放射線技師 2人程度
臨床検査技師 3人程度
理学療法士 3人程度
作業療法士 若干名
言語聴覚士 若干名
歯科衛生士 若干名
管理栄養士 若干名

問い合わせ:E-mail : kanri@hospital.hachinohe.aomori.jp